札幌市内で特に暮らしやすい賃貸物件!

利便性の観点から考えた暮らしやすい物件

札幌は札幌駅の北口と南口ではまったく違う街並みが広がっているのが大きな特徴です。そして南口は地下鉄・中島公園駅の辺りまで2km以上に渡って広大な繁華街が広がっています。その規模は全国有数の巨大な規模ですので、お買い物・飲食などの利便性を重視するなら南口の繁華街付近がおすすめです。続いて、冬季の利便性と観点で考えると、厳冬期の札幌は郊外だけでなく市街地もすぐに雪が積もります。そして夜中に雪が積もって除雪が行われる前に外出する場合、駅が遠いと駅までたどり着くのに相当な時間がかかる可能性があるほか、靴の中がびしょ濡れになってしまう恐れがあります。さらに、吹雪まで加わると特に朝の通勤・通学で大変な思いをする可能性があるので、少し家賃が高めでも駅から近い物件は冬には特に暮らしやすい物件となります。

快適さの観点から考えた暮らしやすい物件

次に、生活の快適さから考えた暮らしやすい物件とはどんなものかを考えた場合、札幌の冬は寒いため断熱性が重要になってきます。木造のアパートではなく、少し家賃が高くても断熱性の高い工法の新しい物件を見つけることが出来れば、あまり暖房を使わなくても室内で快適な生活をおくることが可能になります。断熱性によって暮らしやすさは大きく変わりますのでこの点はとても重要です。次に札幌の賃貸物件は、他の地域とは違って、何らかの暖房器具は備え付けられているもののクーラーはついていない物件も多数あります。しかし、そういった物件に住んでしまうと断熱性が高い場合、真夏に暑い思いをする可能性があります。そのため、快適さから考えると断熱性が高い上にクーラーも付いている物件が特に暮らしやすい物件と言えます。

函館の賃貸は、リーズナブルの1Rや1DKなどの物件が多くあります。防犯面でもテレビインターホーンが付いているので安心です。